FC2ブログ
曇 天 模 様 
雨や晴れより くもりの日が好き。
2014.03.22
“ また蛇が碧黒く火に身を焼く
  その時だけ、生きている心地を得るのだ
  灰色の世界に彩(イロ)がつくのだ

  ちろちろと舌を出しつつ、深く、蛇はとぐろを巻く
  良心の節制すら、次に獲物をなぶるための快楽
  毒を自らに蓄える至福

  思う様、一咬みならず何度でも牙を突き立ててあの女を死に至らしめられるなら
  どれだけの快楽が俺を待っているだろう
  それが叶うなら、俺はとても素敵にスーッとこの胸を青く染めるだろう

  うっとりとそれを思い描きながら、蛇はゆっくりと息を吐く
  氷った世界に自らを閉ざす

  何もいなかったかのように、世界は灰色を取り戻す

  碧黒い火よ、またいつか、またすぐに  ”
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する