曇 天 模 様 
雨や晴れより くもりの日が好き。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
2014.11.30
“ 気だるさも ちょうどいいほど 神無月 ”
スポンサーサイト
2014.11.28
“ 流れ来て 何処へいくかな 紅葉河 ”
2014.11.24
“ 冬の朝 たわわな柿は いつ取らじ ”
2014.11.23
“ 舞い落ちる雪の如く 金落葉  ”
2014.11.17
“ 人生何度目かのシレンにどっぷりな日々 ”
2014.11.08
“ 寂しさが四肢を縛る
  愛しさが心臓を貫く 
  哀しさが脳髄を焼き
  苦しさが神経を濁す ”
2014.11.07



“ 初め、変化は脅威となって、我々に徐々に近づいてくる
  次には、我々自身に変化が訪れ、気づかぬうちにそれを受け入れていく
  終いに、変化は日常の光景となり、我々は元からその姿であったかのように、それを愛し、慈しむ
  そうして、変化は我々を支配する ”



2014.11.06
“ 放った言葉が時間差で自分に突き刺さる現象
  自分を傷つけるのは、いつだって自分自身 ”
2014.11.03
“ 真夜中にわたしはため息を吐く ”
2014.11.02



“ からだはオムライスでできている ”



2014.11.01



“ その一拭きは 身映す鏡 天翔ける流星 
  掃除夫の誇り ”



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。