曇 天 模 様 
雨や晴れより くもりの日が好き。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
2014.02.26
“ もう戻れないこの道を
  ぼんやりと眺めている
  死体のように ”
スポンサーサイト
2014.02.25
“ 心に穴が空いたまま
  触れることの出来なかった花への思慕が
  中途半端にぶらぶらしている ”
2014.02.23
“ 夢に出てきた君は相変わらず笑っていた
  ろくでもない俺はへらへらと笑いながら、つまらない説教をしていた

  あったかもしれない、なかったかもしれない
  あたたかかったかもしれない、そうでもなかったかもしれない
  今となってはどうでもよいこと

  君は遠くに行き、俺はまだここでじたばたとしている

  だが俺は知っている
  君もいずれ、自分の無能に追いつかれて望みを絶やす
  それでも夢の負債はひたすら君に取り立てを要求する

  その輪に加われなかったこと、
  残念と言えばその程度の事柄
  遠くその状況を瓶の中の世界を見るように推視するしかないこと
  手に触れて、直に死体となった君に触れられないこと
  その程度

  死に逝く君の最後の輝きは、もう十分に食べた
  思う存分、死と戯れればいい
  死神とダンスして愛し合うがいい
  君の死合わせを祈っている


  いつまでも笑顔のままで ”
2014.02.22
“ このままフェードアウト出来れば、あるいは。
  気持ちは8割り方 落ち着いた、かもしれない ”
2014.02.21
“ 面倒だから、もう殺してしまおう
  気持ちの上で、なかったことにしてしまおう
  それがたぶん、一番いい ”
2014.02.20
“ 蛇が癇癪を起こしつつある
  だから出来ないって ”
2014.02.19
“ ドハマり
  ドンピシャり
  ド鬱の土砂降り
  ま、よろしいかと ”
2014.02.16



“ 愚か者 疲労と浪費が おまえを殺す ”



2014.02.15



“ 小さな喜びに花を咲かそう
  悲しみに狂ってしまわぬように ”



2014.02.13
“ 寂しさや悲しさを糧に花を咲かせられるのだとしたら
  それはうれしいことだ
  物を産み出すことは、あらゆる人にとって救いだ ”
2014.02.12
“ どうにか、このまま平静でいられますように…。 ”
2014.02.11
“ 昼はまだいい
  夜になると蛇が殺してやる、殺してやると囁く
  だから殺意で昼間も頭がぼうとする ”
2014.02.06
“ 太陽も君もいない日々は灰色
  古い映画の曲が胸を打つ

  こんなに孤独が静謐なら
  君を愛したことは無駄じゃなかった
  セピア色の憂鬱に、日常が浮かんでいる ”
2014.02.05
“ 春分の 屋根に残りし 雪化粧 ”
2014.02.03
“ 五黄の年がいよいよ終わる
  ボタンの掛け違いもおしまい ”
2014.02.01
“ 待ちに待った、2月
  だが気分は灰色 曇り空
  溶けるような温度の 愛が欲しい ”
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。