曇 天 模 様 
雨や晴れより くもりの日が好き。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
“ 地天泰 坂道蹴り上げ 白熊跳んだ ”
スポンサーサイト
“ 愛の女神の心は 時代の風とともに ”
“ 苦の句 九つ 心に狗肉 ”
“ 夕方 飛び込んできた小虫に 眼を食べられた ”
“ ちなから まめりか なきむしふんだ ”
“ たさき あしすら なりくらむ ”
“ 曇天 枝振りも重く 桜舞う ”
“ ほしたてのシーツに爪たて 花薫る
  栗の季節にゃ まだ早かろに ”
“ 乾したてシーツ
  欲情午睡
  やわ花におう ”
“ 乾したての布団の匂いに劣情し
   泡立ち漏れる 栗花のかんばせ ”
“ シャッポ脱いで、ヒョッ シャッポ脱いで、ヒョッ ”
“ 蠅一匹に 情けをかけて
   母屋取られて 流浪の身 ”
“ 曇天模様の空の下
   雨を降り降り 善光寺 ”
“ こぼれた若葉 つぶれてぐしゃり ”
“ 寝て起きて 寝て起きて 白い箱 ”
“ サラブレッド 馬の肥やし ”
“ つるぬるらりら ぬるらりら
   てれんす こらさ こらこらさ ”
“ 問われず問わず 点滴 バナナ ”
地の底に咲く花
絶望の底で芽生く 花もある
その花の名を、 『覚悟』 という
その大輪は 血の真紅
むせかえる臭いと共に 散華する 
“ 葉桜や 今が盛りの 華もありけり ”
“ スメル ぬめる ぬるむ ぬくむ ”
“ 染めて 抜けて 早く出して ”
“ 春嵐、 吹けよ 荒れよ ”
“ 伝染 血行 蟹結び ”
“ のんびり仕事 終わらない仕事 ”
“ 器用貧乏 愛情無常 ”
“ 桜の花の 散り花弁 
   踏みつけ、にじり、尻に敷き
    麗しさだけ、 人は喜ぶ ”
“ てんやわんや てんやわんや ”
戊子散華
“ 散る散る花の 散る花の
   泣くこの空の 雲の陰

  うすぼんやりの 夕暮れに
   小僧が一人 鍋つつく

  流るる花の 悲しからずや ”
“ 孝行息子 たまにはね ”
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。